--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011
07
10

白岩山

白岩山は、宮崎県西臼杵郡五ケ瀬町と東臼杵郡椎葉村の町村界に位置する標高1620mの石灰岩峰です。
九州では最も標高の高い石灰岩地帯で九州脊梁山地の古道「霧立越」沿いにあり、周辺はブナを主体とした天然林が広がり、約130 種の草本類と約170 種の木本類が豊かな生態系を創出しています。
石灰岩峰の一部、五ヶ瀬町側の1.5haは「白岩山石灰岩峰植物群落」として宮崎県が昭和17年に天然記念物に指定しています。
buna.jpg
「霧立越」の尾根道は西日本一ともいわれるブナ林帯です。

siraiwa-ganpou.jpg  20C.jpg
登山口から約1時間で山頂(1620m)に着く。この日の気温は午前10時で20度、下界より10度は低く寒いくらい! やっぱ夏は山です('-'*)♪

その白岩山の希少な植物群です<2011.7/10>
1-karamatsusou.jpg  2-siginkaramatsu.jpg
カラマツソウの仲間たち

3-sikokusimotukesou.jpg 4-simotukesou.jpg
シモツケソウ(草)                       シモツケ(木)

5-iwakinbai.jpg 6-kousuyukisou.jpg
イワキンバイ                          コウスユキソウ

7-syoukiran.jpg 8-miyamamugura.jpg
ショウキラン                 ミヤマムグラ

9-utubogusa.jpg 10-yamaazisai.jpg
ウツボグサ                        ヤマアジサイ

11-hosobasyurosou.jpg 12-kirinsou.jpg
ホソバシュロソウ                    キリンソウ
 
kinutasou.jpg kurinyukifude.jpg
キヌタソウ                クリンユキフデ

これらの多くは白岩山周辺でしか見かけない、また絶滅が危惧されている希少種です。鹿の食害から守るため現在防護ネットの中でかろうじて生きながらえています。この貴重な植物群落を是非とも国の天然記念物に指定して手厚い保護をお願いしたいものです。
スポンサーサイト
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

ECO九州ツーリスト

プロフィール


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク


ブロとも申請フォーム


QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。