--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012
02
02

クニ子おばば

先日のNHKBSプレミアム 「よみがえりの森 千年の村 クニ子おばばの焼畑物語」ご覧いただけましたか!?

人と森が寄り添って生きてきた九州脊梁山地の村々。その中央、平家落人の里として語り伝えられる宮崎県・椎葉村。村の98%は森林という3千人あまりの広くて小さな村。そこで縄文以来という悠久の時を経て「焼畑」の火を絶やすことなく守り継いできた椎葉クニ子さん(87)の話です。

番組を見れなかった人のためにいくつかのシーンを持ち合わせの写真と菅原文太とはいかない拙い話で紹介します。

2009-08-20.jpg
2009-08-20-1.jpg 2009-08-20-2.jpg
”クニ子おばば”はいつも「太陽、お月様、御先祖様、山の神様」と唱える。それが山の暮らしの全て、それ以上は何もない!!
そして「昔の人の言うとおり、してきたとおりにせんと焼畑はできんから」と言う。

2009-08-20-03.jpg 2009-08-20-4.jpg
前の年の秋にヤボ(山)を伐って、次の年の夏に火を入れる。火は山の斜面の上から徐々に点け、一気に燃え広がらせず、時間をかけてしっかりと焼いていく。地形や天候、風向きを的確に判断する熟練した人達がいてこそできる。
この年、2009年も無事80aほどの山が3時間ほどで焼けた。

2008-09-01-1.jpg 2008-09-01-2.jpg
2008-10-15-3.jpg
焼畑1年目はソバを撒く。成長が早くお盆からでも秋には収穫できるから。1週間で芽が出て、1ケ月で斜面が緑で覆われる。やがて白い花が一面に咲き乱れる。焼け灰とその地下の腐葉土で肥料も農薬も必要ない。ただ、この急斜面では全てが手作業、奥山にあって鹿の食害や天候にも左右されやすく採算はとれない。そんな焼畑が日本で見られなくなったのは理の当然。

2008-08-20-1.jpg 2008-08-05.jpg
現当主の勝さん、一度はそんな生活に見切りをつけ家を出たものの先祖代々受け継いで来た暮らしを、貴重な種を自分の代で絶やすわけにはいかない」・・・と頑張っている。
子どもの時から培ってきたであろう強い精神力とその土地固有の価値観を持ち合わせている人は例外なく魅力的でかっこいい。椎葉にはそんな人が多い。会うにつれ「かなわないなあ」と思う。

2011-07-16-1.jpg 2011-07-16-2.jpg
”クニ子おばば”は山のことなら何でも知っている。400種以上の植物を見分ける。それも食べられるか食べられないかだけじゃない。学名、薬効までスラスラという!!大学の先生もかなわない。
右:やおら土手の土を掘り返し、「食べてみらんね。おいしいですよ。昔はソバ粉にこれを混ぜて飢えをしのいだ。」.....”イモゴ土"とか? 一同黙り込んだ!!

2011-12-03-1.jpg 2011-12-03-2.jpg
今は息子の勝さん、ミチヨさん夫婦と共に農林業の傍ら「民宿焼畑」を営んでいる。お客さんが来る日は家の周りを鎌持ってうろつき山野の草や花を刈ってくる。そのまま、天ぷらやお浸しとなって食卓にならぶ。もちろん料理の説明はおばばの役目だ。山栗の天ぷらは日本でここだけと自慢!!

2008-11-01-1.jpg 2008-11-01-2.jpg
すでに60回以上もテレビで取り上げられ、日本国中、いや世界から、またあの秋篠の宮も訪ねてこられたというカリスマおばば  特に若い世代の人が関心持って来てくれるのが嬉しいという。
この日は焼畑でソバを刈って干したあと、あのワクドウ汁を作って食べた。

村の人たちの一番の楽しみは年祭り(夜神楽)だ。親戚も帰ってきて夜を徹して賑わう。息子が太鼓をたたき、孫も舞う。神楽は誇り高き山人たちの最高の舞台だ。
2011-12-04-2.jpg 2011-12-04-1.jpg
2011-12-04-3.jpg 2011-12-04-4.jpg2011-12-04-5.jpg
おばばも真っ先に弓も潜って家内安全を願った。夜も更けて「ばあちゃん帰ろうか?」と言っても聞かない。
日が登り神様を見送って家に帰り着いたのは9時を回っていた。

mori.jpg
「おばばのやることには一つひとつ理由がある」「千年先の森がみえるかい!?」と番組は締めくくった。








スポンサーサイト
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

ECO九州ツーリスト

プロフィール


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク


ブロとも申請フォーム


QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。