--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012
03
27

「九州脊梁の花々」No32

コンロンソウ(崑崙草):アブラナ科
山地や谷川沿いの半日陰の水湿地に生える。新緑の頃から初夏まで次々と白い十字状の花をつける。和名は中国の崑崙山(こんろん、クンルン、中国古代の伝説上の山岳)中国西方にあって黄河の源に白い雪が降り積もっている様子に由来するという。
花言葉は「優美」「完全な美」とか(-_☆)
32-konronsou.jpg
スポンサーサイト
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

ECO九州ツーリスト

プロフィール


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク


ブロとも申請フォーム


QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。