--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012
04
02

「九州脊梁の花々」No39

アオダモ(青梻):モクセイ科の落葉広葉樹
別名コバノトネリコ、アオダモのアオの由来は雨上がりに樹皮が緑青色になること、青い染料に利用されたことによるといわれる。材質は堅く強いが粘りがあるため曲げることができ、木製バットの材料として広く知られる。他にスキー板やテニスのラケットなどにも使用されていた。花は早春、円錐花序に白い小花を多数つける。その淡い白と若葉の緑とのコントラストが絶妙!!
39-aodamo.jpg

スポンサーサイト
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

ECO九州ツーリスト

プロフィール


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク


ブロとも申請フォーム


QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。