--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
08
24

処暑の頃

1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、それぞれをさらに6つに分けた24の節区分を二十四節気 → Wikipedia
といい例年8月23日頃を”暑さの峠を越える時”「処暑」としています。
DSC_0792.jpg
早くも雲海に包まれた脊梁の山なみ(8/21 国見岳山麓 雷坂より尾前渓谷方面、右奥に市房山を望む)

この山懐で、例年その一つ前の節気「大暑」に行われる予定の焼畑ヤボ焼きも長雨で延び延びになっていましたが、2週間遅れで20日無事に終わりました。来週には出そろったソバの芽を見れることでしょう。
DSC_0640-1.jpg DSC_0676-1.jpg
今年の現場は標高900m以上の時雨岳中腹、1haはあろうかという伐開地でしたが、親戚・地域の応援(椎葉ではカテャーリという)もあって2時間ほどで焼き上がりました。
DSC_0697-2.jpg DSC_0752-1.jpg
日本で最後とも言われる伝統の焼畑を一目見ようと、取材しようと日本各地から、いや海外からも見物客が訪れていました。一番右に腰かけて眺めているのが、クニ子ばあちゃんです。「心配していたがよう焼けた」と一言
右:午後からはいまだ火が燻ぶるなか、ソバや平家ダイコンの種蒔きを皆で手伝いました。
収穫は75日後の11月はじめ紅葉の頃になりそうです。その時はまた皆で"カテャーリ"に行きましょう。

スポンサーサイト
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

ECO九州ツーリスト

プロフィール


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク


ブロとも申請フォーム


QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。