--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010
07
20

暑中お見舞い申し上げます

今年は夏休みに先駆けて無事、梅雨明けとなりましたが、同時に日本列島一気にヒートアップ!
各地で連日、猛暑記録が報道されてますが、お住まいのところはいかがでしょうか?

そんななか申し訳ないほど、ここ脊梁は”猛暑日”とは無縁の世界です。真夏日の30度を超えることも滅多になく、この時期こそ「ここに住んでて良かった~」と実感の日々です!
過去にも幾度と「夏こそ山です!川です!」と書いてますが、ほんとエアコン要りません!窓閉めないと寒くて眠れません!(マジです(^◇^*)/)


そんな夏のはじまりに「幻の滝」と呼ばれる秘境椎葉の山深く、霧立越の稜線から清冽に流れ落ちる落差75mの滝を訪ねました。地図にものってない、地元の猟師や樵すらその存在を知らなかったという、まさに九州最後の秘境の地です!!
DSC_0146.jpg P7100181.jpg DSC_0135.jpg
2001年5月「霧立越の歴史と自然を考える会(主宰:秋本治氏)」の一行によって、その存在が知れ渡ることになった「幻の滝」 人知れない脊梁山中にあって道中は標識の1本すらない道なき道、来る人を阻むかのような急斜面を一歩一歩、慎重に下ります。
滝つぼのマイナスイオンは10万個/1cm3と桁違いの量、そのミストシャワーを浴びれば俗世の穢れが落ちるかのようで、これ以上ない一級のパワースポットです!

今回は霧立越の会主催による滝開きとして地元「十根川神社」の神官さんによって厳かに神事が執り行われました。
また特別ゲストとして信州飯田から駆け付けていただいたフルート奏者「森田和美さん」の野外コンサートもありました。
DSC_0184-s.jpg DSC_0199.jpg
筱笛の音色と滝の瀑布音がブナの森に吸い込まれながらも周囲の崖に共鳴し、究極の癒しのひと時を過ごすこと出来ました。御参加の皆さん、全ての方に感謝感謝の一日でした!

森田和美さんの曲視聴できます→公式ホームページ




スポンサーサイト
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


Trackback
Trackback URL

«  | HOME |  »

ECO九州ツーリスト

プロフィール


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク


ブロとも申請フォーム


QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。